大分大学工学部・大学院工学研究科

  • HOME
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
  • サイトマップ
English

学科・コースの概要

機械・エネルギーシステム工学科

本学科には、機械コースとエネルギーコースがあります。機械コースでは、工業製品の開発・設計・生産について総合的に学ぶことができます。ものづくりの楽しさを一番実感できるコースといえます。エネルギーコースでは、新エネルギー、エネルギーの有効利用、地球温暖化防止に関する技術開発など、資源のない我が国の未来を担う研究をしています。

電気電子工学科

本学科には電気コースと電子コースがあります。我々の生活を支える上でかかせない電気・電子のスペシャリストを養成するため、基礎理論、回路、電力、電気機器、通信、制御及び最新のエレクトロニクス技術に関して教育と研究を行い、基礎学力と応用能力を養います。

知能情報システム工学科

情報科学の基礎から情報・知能工学の応用までが学べる九州でも数少ない学科です。講義・演習の ほか実験や企業見学などで,知識をより広げまたより深めることができます。めぐまれたコンピュー タ設備のもと,時代を先取りしたテーマをかかげ,知の創造プロジェクト,インターンシップや卒業 研究,博士課程での研究をとおして,世界に通用する情報技術者を育てます。JABEE*により認められ た教育プログラム「知能情報コース」も設けています。卒業後は,情報企業をはじめ,教職(情報) を含めたいろいろな業種に就けます。また,国家資格の取得やヤングベンチャの夢実現を積極的に支えていきます。

*日本技術者教育認定機構:
http://www.jabee.org/

応用化学科

これからの社会では、単に生産性が優れるというのみでなく、環境に調和し、環境を破壊しない生産方法が求められています。また、地球規模での環境の破壊を防止、保全する技術の開発が望まれています。応用化学科では化学の知識に基づいて21世紀の豊かで、環境に調和した人間活動を支える様々な先端的な技術開発をリードできる人材の育成を目的に、時代にマッチした最先端技術の分野で、教育および研究を行っています。

福祉環境工学科_建築コース

本コースでは,建築学を主体にしながら最新の幅広い関連分野の知識も修得できるようにカリキュラムを編成し,建築および生活環境を作るために,工学的知識に裏打ちされた技術に関する教育・研究,とりわけ設計教育に情報システムを取り入れて,社会の要請にこたえ広く活躍できる人材の育成を目指しています。またJABEE*により認められた「建築プログラム」も設けています。

*日本技術者教育認定機構:
http://www.jabee.org/

福祉環境工学科_メカトロニクスコース

本コースは,高度福祉社会に適応できる,幅広い知見を備えた機械・電機系技術者・研究者を育成することを目的としています。本コースでは,製造業で近年最重要視されている「制御・情報・システム工学」に加え,ものづくりに必要な,設計,潤滑,材料などの基礎知識をバランスよく習得することを目指しています。また,各研究室ではこれからの工学分野を基礎に,高度福祉社会に貢献できる応用研究を行っています。

Pagetop