大分大学工学部・大学院工学研究科

  • HOME
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
  • サイトマップ
English

工学部の理念

はじめに

大学をめぐる情勢が大きくかつ速く変化していく中で、大分大学工学部が21世紀に飛躍するためには、どの様な理念に基づいて何を目指すかを明らかにする必要がある。いわば、本学部の個性・魅力創出のための構想( FI:Faculty Identity)の確立が、求められている。もちろん、大学に対する社会の要請は時代とともに変化するため、我々は常に目標が適切であるかどうか、見直しを行わなければならない。ここでは、「大分大学基本構想」にのっとって、当分の間本学部が目指すべき目標と、そのための具体的な課題・方策をまとめた。

理念

世界に通用する科学技術を創造し、もって地域に貢献するとともに、個性豊かで創造性あふれる人材を養成する。

目標

教育に関する目標

自ら課題を探求する意欲と柔軟な思考力を有し、国際標準を満たす基礎・専門分野の学力に裏打ちされた、社会性ならびに国際性豊かな人材を養成する。

研究に関する目標

物質・環境・情報を柱とした学際的分野に挑戦し、国際的に評価されるとともに次世代の先端技術につながる独創的な研究を推進する。

社会貢献に関する目標

福祉や環境をはじめとして現代社会が解決を求めている課題に取り組むとともに、地域との連携を通じて新産業を創出し、活力と潤いのある地域社会づくりへ貢献する。

運営に関する目標

諸課題を円滑に推進し本学部に課せられた社会的責務に的確に応えるため、柔軟な意思集約・運営システムを構築するとともに、自己点検評価や外部評価を推進する。

課題と方策

教育に関する課題と方策

  1. 独創的で特色ある研究の推進
    社会的な要請の強い研究課題や次世代のフロンティアとなる特色ある研究課題に対して、学科横断的な研究グループを編成し学部一体となって推進する。また、大 学院博士課程の改組・再編を行い、新たな専攻による先端的な課題探求をめざす。
  2. 若手研究者の養成と新技術・新産業の創出
    起業家精神に富む若手研究者を多数養成し,プロジェクト研究を組織することによって新技術・新産業の創出につなげる。
  3. 優れた研究者の確保
    優れた研究者を広く公募によって求め、研究水準の向上をめざす。あわせて、研究評価の具体化を図る。
  4. 研究成果の世界への発信
    さまざまなメディアを通じて本学部の独創的な研究成果を世界に発信し、本学部の存在感(FI)をアピールするとともに、本学部への志願者増をめざす。

社会への貢献に関する課題と方策

  1. 社会との連携による新技術の創造
    産業界、とりわけ地域に立地する産業や自治体との連携を通じて,福祉・環境に代表される緊急な課題の解決をめざすとともに、次世代を拓く新技術・新産業を共に創造する。
  2. 地域を動かす人材の育成
    インターンシップやリフレッシュ教育などの往復型学習を通じて,地域を動かす人材を育成する。また、卒業生の地域への就職促進を支援する。
  3. 地域への生涯学習場の提供
    国際交流や学内開放事業あるいは出前講義などを通じて,地域や青少年へ科学技術の夢と魅力と大いなる可能性を積極的に伝える。
  4. 地域の人々との共生をめざす活動
    学生・教職員によるボランティア活動あるいは教員の専門的蓄積の提供などを通じて,地域文化の振興や創造、あるいは快適な住環境の創造に協力する。

運営に関する課題と方策

  1. 円滑な学部内意思決定システムの構築
    教授会と各種委員会との任務ならびに相互の関係を見直し、円滑でかつ構成員の民主的な意思集約が保証される学部意思決定システムを構築する。
  2. 学部運営に必要な予算の確保
    独立行政法人化にそなえ、教育研究に必要な予算を多様な財源から確保するための支援体制を整備する。
  3. 事務体制の整備
    機械化・情報化を推進し、円滑な予算執行ならびに事務処理の効率化をめざす。
  4. 自己点検評価ならびに外部評価の推進
    学部の理念・目標の達成に向けて,不断の点検評価と機動性のある学部運営を通じて絶えず自己改革に努めるために、自己点検評価を徹底して推進するとともに、外部による評価を受ける。あわせて、学部の情報公開に努める。
  5. 教育研究環境の整備
    既存建物の建て替え計画の検討を開始する。また、本学部がめざす教育研究目標の達成に適した、次世代の機能的キャンパスプランを作成する。
Pagetop